楽天カードは専業主婦でも作れる!使うべき8つの理由と賢い利用方法




クレジットカードって、数えきれないほどの種類がありますよね。
どうせ作るならお得で使いやすいカードがいいけれど、どれを作っていいかわからずに悩んでしまいます。

数あるクレジットカードの中でも、ぜひ持っておきたいのが楽天カードです。
使いやすくてポイントが貯まりやすい楽天カードを使って、上手に家計を節約しちゃいましょう。

 

楽天カードのメリット

楽天カードには、ざっと挙げるだけでも8つものメリットがあります!
順に説明していきますね。

 

入会費・年会費が永年無料なので発行時のリスクなし

楽天カードは入会費・年会費が永年無料です。

年会費がかかるカードだと、カードを発行しても年会費の元が取れるかどうか不安なところがありますよね。

また、せっかく年会費を払ってカードを作ったのに、他のカードばかり使っていて年会費をドブに捨てることになってしまった…なんてことにもなりかねません。

その点、楽天カードは入会費も年会費もかからないので、使わずに持っていてもリスクがまったくないんです。
がっつり使うかはわからないけれど、とりあえず発行してみようかな…という状況でも安心して申し込めます。

 

楽天市場でお買い物をするなら楽天カードが断然お得!

楽天市場でお買い物をする際、楽天カードで支払うだけで、もらえる楽天ポイントが2倍になります。
毎週金曜日はなんとポイント3倍です!

楽天市場でのお買い物は、通常100円で1ポイントがもらえます。
楽天カードで支払えば100円で2ポイント、毎週金曜日なら100円で3ポイントです。

一度のお買い物ではそんなに違いが感じられないかもしれませんが…。
楽天市場で1年間に10万円買い物をした場合、もらえる楽天ポイントは

  • 還元率1.0%のクレジットカードだと1000ポイント
  • 楽天カードだと2000ポイント

こんなに違ってくるんです!

年間利用額で比較してみると、他のクレジットカードで支払うよりも断然お得なのがわかりますよね。

また、楽天カード会員には利用金額に応じたランクアップ制度があります。
このランクアップ制度にも、お得な特典がたくさんあるんですよ。

 

専業主婦でも発行できる

楽天カードの嬉しいところは、審査が比較的ゆるく、専業主婦でも発行できるところです。

クレジットカードによっては、専業主婦だと審査に通らない場合がありますよね。
楽天カードは高校生を除く18歳以上の方であれば、誰でも申し込みをすることができます。

収入に関係なく、専業主婦でもカードが発行できるというわけです。

過去のクレジットカードの発行・利用状況によっては、もちろん審査に落ちてしまう可能性もあります。

楽天スーパーDEALは最大50%のポイントバックでお得!仕組みと注意点

2018.08.20

 

街のお店でも楽天スーパーポイントが貯められる

楽天カードは楽天市場以外で買い物をする時にもお得です。
楽天ポイントが貯められるお店は、とってもたくさんあるんですよ!

例:
グルメ・飲食→くら寿司、マクドナルド、ミスタードーナツ、PRONTO、ペッパーランチなど
ショッピング→デイリーヤマザキ、松坂屋、スーパーABC、大丸など
ドラッグストア→ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、ケンコーコム薬局など
ファッション→紳士服コナカ、Right-on、コメ兵など
家電→ビックカメラ、ソフマップ、ジョーシンなど
引っ越し・住まい→日通、アリさんマークの引越社、サカイ引越センターなど
ガソリンスタンド→出光サービスステーション、伊藤忠エネクス、キグナス石油、コスモ石油など

ここに挙げたのはほんの一部。

他にも楽天ポイントが貯まる・使えるお店はたくさんあります。

楽天ポイントが貯められるショップの中に、普段現金払いで利用しているお店があったあなたはラッキー!
楽天カードでの支払いに切り替えるだけで、ポイントがザクザク貯まっていきますよ。

 

フリマアプリのラクマでも、楽天スーパーポイントを使うことができます。

フリマアプリへの出品はどうやるの?ラクマの使い方

2018.06.19

 

家族カードも年会費無料で作れる

楽天カードは、家族カードも5枚まで年会費無料で申し込むことができます。

夫と妻がそれぞれ楽天カードを申し込むのと、妻が家族カードを申し込むのとは、どう違うのでしょうか?

 

夫と妻がそれぞれ楽天カードを発行した場合

夫の楽天カード利用分は夫名義の銀行口座から引き落とし。
妻の楽天カード利用分は妻名義の銀行口座から引き落とし。

家族カードを発行した場合

夫が楽天カードを発行し、妻が家族カードを発行した場合、利用分は夫の銀行口座からまとめて引き落とし。

 

このような違いがあります。
収入のない専業主婦の場合は、家族カードを発行した方が便利に使うことができますね。

家族カードも楽天カードと同じように、高校生を除く18歳以上の方であれば申し込むことができます。
一人暮らしを始める大学生の子どもに持たせるなどの使い道が考えられますね。

家族カードを利用すれば、家族全員の支出が一括で管理できるので、家計の流れがすっきり明白になりますよ。

 

海外旅行傷害保険が付帯している

海外旅行に行く際にも、楽天カードは便利です。

楽天カードには、海外旅行傷害保険が付帯しています。
事前の申し込みは不要ですが、保険が有効になるためには次の条件を満たす必要があります。

日本を出国する前に、自宅から出発空港までの交通費または海外旅行代金を楽天カードで支払っていること

 

交通費や海外旅行代金は、一部だけの支払いでも大丈夫です。
出国後の決済では保険が有効になりませんので、注意してくださいね。

他にも

  • 海外お土産宅配サービス
  • 手荷物宅配サービス
  • 防寒具一時預かりサービス
  • 海外でのレンタカー
  • Wi-Fiレンタル
  • ラウンジサービス

などのお得な優待が受けられます。

楽天プレミアムカード会員になっていると、さらにお得な海外トラベルデスク優待や空港ラウンジサービスが受けられますよ。

 

楽天ETCカードの利用でもポイントが貯められる

楽天カードを持っていると、ETCの利用でもポイントを貯めることができます。
楽天カードとは別に楽天ETCカードに申し込む必要がありますが、これがとってもお得!

楽天ETCカードは100円につき1ポイントが貯まりますので、少額な通行料金の首都高や、ちょっとしたドライブでもしっかりポイントを貯めていくことができます。

通常だと年会費として540円がかかるのですが、楽天ETCカード申込時点で楽天ポイントクラブの会員ランクが

  • ダイヤモンド会員
  • プラチナ会員

のいずれかになっている場合は、年会費無料で使うことができます。

楽天カードの新規発行時ではなく、楽天カードを利用してダイヤモンド会員かプラチナ会員になった時点で楽天ETCカードを発行するのが賢い方法ですね。

 

楽天e-NAVIで利用明細やキャンペーン情報を簡単にチェックできる

楽天カードを発行すると、会員専用オンラインサービスの楽天e-NAVIを利用することができるようになります。
カードの利用明細や利用可能額、サービスの利用状況などを簡単に確認することができるのでとても便利です。

 

また、私はカード利用お知らせメールを受信しています。

カード利用お知らせメールとは、楽天カードで支払いが行われると登録したメールアドレス宛にお知らせメールが届くというものです。

決済後、数時間~数日のタイムラグはありますが、万が一楽天カードが不正に利用された場合、早期に気づくことができるというメリットがあります。

どんなクレジットカードでも不正利用されてしまうリスクはありますが、楽天カードはカード利用お知らせメールがあるのでありがたいんです。

 

楽天カードのデメリット

メリットと比べると微々たるものですが、楽天カードにはデメリットもあります。
こちらもあわせてご紹介します。

期間限定ポイントが期限切れになる可能性がある

楽天スーパーポイントは

  • 通常ポイント
  • 期間限定ポイント

の2種類にわけられます。

 

通常ポイントとは

最後にポイントを獲得した月を含め、1年間有効。
期間内にポイントを1ポイントでも獲得すれば、有効期限は延長される。

期間限定ポイントとは

それぞれのポイントによって有効期限が異なるが、使える期間が3ヶ月ほどしかない場合もある。

 

楽天カードを継続的に利用していれば、通常ポイントは実質無期限のようなもの。
ただし期間限定ポイントは、使い忘れているとポイントが失効してしまいます。

楽天カード・楽天スーパーポイントを利用する際は、期間限定ポイントの有効期限に注意を払う必要があります。

ポイントを長期に渡って貯めこむのではなく、ある程度貯まったら使うというサイクルを心がけていれば、ポイントが失効するリスクはほとんどないでしょう。

 

楽天バリアブルカードキャンペーンがお得!7%も余分にゲット

2018.06.06

 

広告メールが多い

これが楽天カード最大のデメリット!

楽天カードを発行すると、広告メールがたくさん届くようになります。

ですがすべてのメールを受信し続ける必要はありません。
楽天e-NAVIから広告メールの配信停止手続きができますし、受信したメールからも配信停止の手続きをとることができます。

最初は頻繁に届くメールにびっくりするかもしれませんが、きちんと配信停止手続きをすれば対策できますので、安心してくださいね。

 

貯まった楽天ポイントを有効活用する方法

楽天カードを上手に使えば、ポイントがザクザク貯まります。

では、そのポイントはどこで使ったらいいのでしょうか。

 

楽天市場以外にも楽天ポイント払いができるお店はたくさんある!

楽天ポイントを使う場所として最初に名前が挙がるのは、やはり楽天市場ですよね。

楽天市場でお買い物をする際に使うのがもっとも手っ取り早いのですが、街でのお買い物でも楽天ポイント払いは利用できます。

先述した楽天ポイントを貯められるお店では、もちろんポイント払いが可能です。

例:
グルメ・飲食→くら寿司、マクドナルド、ミスタードーナツ、PRONTO、ペッパーランチなど
ショッピング→デイリーヤマザキ、松坂屋、スーパーABC、大丸など
ドラッグストア→ツルハドラッグ、ダイコクドラッグ、ケンコーコム薬局など
ファッション→紳士服コナカ、Right-on、コメ兵など
家電→ビックカメラ、ソフマップ、ジョーシンなど
引っ越し・住まい→日通、アリさんマークの引越社、サカイ引越センターなど
ガソリンスタンド→出光サービスステーション、伊藤忠エネクス、キグナス石油、コスモ石油など

 

私はくら寿司、マクドナルド、ミスタードーナツ、ガソリンスタンドで楽天ポイントを使うことが多いです。

キャッシュレスでレジの時間も短縮できますよ。

 

楽天Edyにチャージすればさらに利用の幅が広がります

楽天ポイントは、電子マネーの楽天Edyにチャージすることが可能です。

楽天Edyはコンビニエンスストアやスーパー、Amazonをはじめとしたネットショップなどの支払いに利用できます。
つまり、楽天ポイントで支払いができないお店であっても、楽天Edyにチャージすれば支払いが可能になるんですね!

楽天Edyにすれば、支払い可能なお店がぐっと増えるので楽天ポイントを更に有効活用することができますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?
楽天カードのお得さが伝わりましたでしょうか。

私はもう長年楽天カードを愛用していて、ずっとダイヤモンド会員をキープしています。

楽天カードのお得さに気づくと、もう手放せなくなりますよ!
ぜひメインカードとしての利用を検討してみてください。
楽天カードを賢く使って、楽に家計を節約しましょう!

 

楽天カードはこちらのバナーから申し込めます⇓