税金はセブンイレブンで払おう!nanacoとクレジットカード併用でポイントザクザク




固定資産税、自動車税、所得税などの税金って、かなりの金額なので家計にとっては大打撃ですよね。
電気・ガス・水道料金などの公共料金も、どんなに頑張っても節約できる範囲には限界があります。

税金や公共料金の支払金額を減らすのは至難の業ですが、支払う時に少し工夫するだけでちょっぴりお得になる方法があります。

特に税金や公共料金の支払いを銀行口座からの自動引き落としにしているあなたは必見です。

本文を読んで、お得になるチャンスをしっかり拾っていきましょう。

 

税金はクレジットカードとnanacoの合わせ技で支払うのがお得!

税金や公共料金は、コンビニエンスストアで収納代行を行っています。

普通にコンビニのレジで現金払いをするだけでは、なにもメリットはないのですが…。

セブンイレブンのみ、電子マネーnanacoで支払いをするとクレジットカードのポイントを貯めることができるんです。

やり方を詳しくご紹介します。

 

電子マネーnanacoとは

nanaco(ナナコ)はお買い物でポイントが貯まる電子マネーの1つです。

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • 西武・そごう
  • ヨークマート
  • ヨークベニマル
  • デニーズ
  • アカチャンホンポ
  • ビックカメラ
  • ミスタードーナツ

などで利用できます。

 

nanacoは

  • nanacoカード
  • nanacoモバイル

のいずれかで利用することができます。

セブンイレブンの店頭では、nanacoで税金・公共料金の支払いをすることが可能です。

 

nanacoで支払うメリットは?

実は、nanacoで税金や公共料金の支払いをしても、nanacoポイントは貯まりません。

じゃあなんでお得なの?というと…
nanacoにクレジットカードからチャージ(入金)することで、クレジットカードのポイントが貯められます。

じゃあクレジットカード払いでもいいのでは?と思われるかもしれませんが…
nanacoの場合、旦那さんのnanacoカードで奥さんの車の税金を払うことなどが可能です。

nanacoカード・クレジットカードの名義と税金を支払う人の名義が、必ずしも一致していなくても大丈夫なんです。

そのため、夫婦二人分の支払いを1枚のnanacoカードで行うことで、クレジットカードにもまとまったポイントが貯められるというわけですね。

 

nanacoで税金や公共料金の支払いをしよう

では実際に、どうすればnanacoで税金や公共料金の支払いができるのでしょうか。

クレジットカードからnanacoカードにチャージ(入金)する

セブンイレブン店頭でnanacoカードの残高確認をする

セブンイレブンのレジに行き、税金・公共料金をnanacoで支払う

というのがざっくりした流れになります。

クレジットカードからnanacoカードにチャージする方法

nanacoカードを用意する

まずはこれがなくては始まらない!
nanacoカードを用意しましょう。

これがnanacoカードです。

  • セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの店頭に設置された申込書に記入して申し込む
  • あらかじめスマホやPCからWEB申込書を作成し、セブンイレブンやイトーヨーカドーの店頭でメールを提示する

いずれかの方法でカードが発行できます。
その場ですぐにカードを受け取ることが可能です。

nanacoカードは発行手数料300円がかかります。年会費は無料です。

 

もちろん、nanacoカードではなくnanacoモバイルを利用することもできます。

アプリをダウンロードすれば、スマホをかざすだけで支払いができるのですが…。

nanacoモバイルはiPhoneでは使えません。

Androidと携帯電話の一部でしか使えないため、機種変更のことなどを考えるとnanacoカードを持っておいた方が便利かなと思います。

 

nanacoにチャージできるクレジットカードを用意する

次は、nanacoにチャージするためのクレジットカードを用意しましょう。

実は、nanacoにチャージすることでポイントが貯められるクレジットカードは限られています。

2018年7月現在では

  • セブンカード・プラス
  • Yahoo!JAPANカード
  • ファミマTカード
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • リクルートカード

これらのカードでポイントが貯められます。

この中でもっとも還元率が高いのはリクルートカードで、1.2%還元です。

もちろん私もリクルートカード愛用中!

nanacoを利用しないとしても、リクルートカードは高還元でお得ですので、ぜひ持っておきたい1枚です。

リクルートカードはポイント還元率高し!メリットと最大限の活用法

2018.08.28

 

クレジットカードの事前登録をする

オートチャージの前に、まずはクレジットカードを登録してnanacoと紐付けをする必要があります。

nanacoの公式サイトに詳しいやり方が載っていますので、こちらを参考にやってみてください。

 

参考リンク

 

 

※クレジットチャージを利用するためには、本人認証サービスに登録済のクレジットカードが必要です。

リクルートカードであれば、リクルートカードの会員サイトにアクセスして

右側の『新規ID登録する』というところから登録を行えばOKです。

 

クレジットカードからnanacoにチャージする

nanacoカードとクレジットカードを用意したら、いよいよチャージしてみましょう。

1.nanacoの会員メニューにログインする

nanacoの公式サイトにアクセスし、会員メニューにログインします。
PC版で説明していきますね。

赤く囲ったところをクリックすると、会員メニューが開きます。

自分のnanacoカードの裏面を見てください。
nanaco番号とその下の7桁の数字を入力することで、ログインができます。

 

2.会員メニューからnanacoクレジットチャージを選択

ログイン後、画面上部の会員メニューから『nanacoクレジットチャージ』をクリックします。

 

3.クレジットチャージパスワードを入れる

クレジットカードが無事登録できたら、クレジットチャージパスワードを設定・入力します。

 

4.チャージする金額を指定する

nanacoクレジットチャージメニューが開きますので、クレジットチャージ(入金)ボタンをクリックします。

するとチャージ金額を指定する画面に切り替わります。

 

好きな金額を指定し、『次へ』→『申し込み』と進んでいけばOKです!

 

クレジットでチャージができる金額は1ヶ月に50,000円まで、1回のチャージは5,000円以上30,000円までという上限があります。

ただし、リクルートカードでは、電子マネーにチャージした場合は月30,000円までしかポイント加算の対象になりません。

つまり、50,000円チャージしたとしても、もらえるポイントは30,000円分に対してのみということになってしまいます。

チャージは毎月30,000円ずつ行っておくと効率よくポイントが貯められます。

 

セブンイレブン店頭で税金・公共料金を支払う方法

まずはnanacoカードの残高確認をする

nanacoにクレジットチャージ手続きをしたわけですが、実はこれだけではnanacoカードにはチャージが完了していません。

チャージした金額は『センターお預かり分』という状態になっていますので、セブンイレブンの店頭で『残高確認』をすることでカードへのチャージが完了します。

店頭のセブン銀行ATMにnanacoカードをセットし、『残高確認』をタッチすればOKです。

 

レジでnanacoで支払うことを伝える

いよいよレジで支払いましょう。

税金や公共料金の払込書をレジに持っていき、『nanacoで支払います』と言うだけ!

レジに設置してあるカードリーダーにnanacoカードをかざすと、nanacoでの支払いができます。

これで支払い完了です!

覚えておきたい注意点

通常、nanacoでお買い物をするとポイントが貯まるのですが…。

先述の通り、税金や公共料金の支払いでは、nanacoポイントは貯まりません!

あくまでもクレジットチャージをした際にクレジットカードのポイントが貯まるやり方なので、たとえば現金でnanacoをチャージして税金を支払ったとしても、何の得にもなりません。

nanacoポイントとクレジットカードのポイントの二重取りはできないということを覚えておきましょう。

 

まとめ

ちょっと長い記事になりましたが、やり方はおわかりいただけたでしょうか?

最初はなんとなく難しそうと思うかもしれませんが、一度やってみると案外簡単です。

私もなかなか利用に踏み切れませんでしたが、一度やってみたら『あれ?こんなもの?』と思うくらい簡単!
もっと早く初めておけばよかったです。

  • nanacoで税金を支払う時、クレジットチャージをするとクレジットカードにポイントが貯められる
  • nanacoポイントは貯められない
  • クレジットチャージでポイントを貯められる金額には上限がある

この3点を覚えておいてくださいね。

ポイントを貯められる機会を見逃さず、しっかり貯めていきましょう!